居抜き物件って?

inuki

「居抜き」店舗物件とは?

不況の今、お店を新規で出店したい方は、「出店のコストを抑えたい」・「出店時コストを一日でも早く回収したい」・「ランニングコストを抑えたい」など、「コスト削減」を気にされていると思います。
そんな時代だからこそ、店舗業界では「居抜き物件」が注目されています。

「居抜き物件」や「居抜き店舗」とは、店舗内の内装・備品が残っている状態を言い、飲食店、物販店を問わず不動産業界全体で使われている言葉です。 
「内装付きの店舗物件」という表現も、同じ意味で使われます。

「居抜き」物件について

「居抜き」とは、一般的には、床・天井・壁・厨房・お手洗など、店舗内の主要設備が残っている状態で、「今すぐにでも開店できるような物件」のことを言います。
しかし、物件によっては、「床・壁・天井だけあります」「厨房だけあります」というように、「内装が一部だけ残っている」という場合でも「居抜き店舗」として使ったりします。(その場合は 「一部居抜き」 といった表現をすることが多いです)

物件の基本は「スケルトン」

「スケルトン」とは、店舗内の床・壁・天井・内装などが何もない 「建物の躯体だけの状態」を指します。(コンクリートの打ちっぱなしの状態とご想像ください)
店舗物件は、「スケルトン渡し+スケルトン返し」が基本なので、「居抜き」物件の取引は、原則からは外れています。

しかし、せっかく内装が残っているのであれば、わざわざ壊さなくても・・・と思われる方も沢山いらっしゃいます。
そのため、「建物の所有者」「閉店するテナント」「新規出店するテナント」の3者が合意している場合に限り、「居抜き」物件の取引をすることができます。

居抜き物件と造作譲渡

「居抜き物件」「居抜き店舗」と言っても、内装設備を無料でもらえるとは限りません。
閉店するテナント様の中には、「解体となると費用がかかるので、無料でいいからそのまま引き取ってほしい」と思われる方もいらっしゃいますが、一方で「内装や備品もまだ綺麗だから、売れないかな?」と思われる方もいらっしゃいます。

「造作譲渡」とは、そのように内装設備を売買する事を指します。

CONTACT

お問い合わせ

  • 4 months ago

    #リアン片野新町
    空室だった住居部分も好意にさせて頂いているオーナー様からのアドバイスもあり、スケルトンまで解体して、フルリノベーション工事が始まりました!
    図面も曖昧で、解体しないと分からなかった室内、コンクリートの躯体が出ることを予想して打ちっぱなしの内装をイメージしてましたが、何と!
    天井に断熱材が入ってました!
    工務店さんからは、当時しっかり造られた証拠ですと言われながら、天井造作追加決定です、、、
    この想定外も#リノベーション の醍醐味ですね。

    #株式会社ホームデザイン
    #リノベーション中
    #北九州不動産会社
    #Lianskatanoshinmachi
    #賃貸リノベーション
    #賃貸
    #売買
    #テナント仲介
    #テナント北九州
    #小倉
    #ヴィンテージスタイル
    #ホームデザイン仲介実績
    #homedesignkitatakyushu
    #リフォーム
    #一棟リノベ
    #ビル再生
    ... See MoreSee Less

    View on Facebook