小倉南区葛原でアパート8棟・27戸を経営する大家さんにお話をお伺いしました。

いつからアパート経営をされているのですか?

最初のアパートを建てたのはもう40年ほど前になります。

1棟8戸で間取りは2DKでした。

今ではアパート8棟・27戸まで増えて全て満室ということで大変順調でいらっしゃいますね。

アパート経営は景気に左右されますね。
景気が悪い時は小さな部屋から埋まりますが良くなると大きな部屋が埋まりやすくなります。

アパート経営の秘訣などあれば教えていただけますか?

ユーザーに合わせて内装を変えたり、洗面台やシャンプードレッサー・ウォシュレットつけたり時代とユーザーのニーズに合わせてリフォームしていくことだと思います。

今のユーザーが何を好むのか?私たちではそれが分からないので大事な点を佐久間さんにアドバイスをいただいています。

あと建物を建てるときは全て南向きに建てるようにしています。

なるほど、大事なのは「ユーザーのことを第一に考えて建てる。」ということですね。
具体的にどのようなアドバイスを頂いているのですか?

3年前に新築アパートを建てるときに最近の新築物件を一緒に見学して「いいとこ取り」をしました。

アパートですが見た目がマンション風でバルコニーを広くとりオール電化のアパートを作りました。

このアパートは凄く人気があって空いたらすぐに埋まります。手間とお金はちょっと高くつきましたが結果良かったと思っています。

退去する人は新築立てるから出るなどで住み心地が悪くて出る人いません。

佐久間さんもがんばってくれて良いアパートが作れて凄く感謝しています。

 

他にもユーザーの好みを把握するために100人ほどにアンケートを書いてもらってそれをもとにポイントを抽出するということも佐久間さんにやって頂きました。

その中で特に駐車場の広さが重要だということも分かりました。

そのような声をアパート作りに反映しています。近くに住む人からは駐車場が広いのでうらやましいと言われることもあります。

全て満室ですと管理などは大変ではないですか?

いいえ、それほど大変ではありません。

一棟だけ自分でやっていますが、基本的にお掃除やクレームなどは佐久間さんとこで全てお願いしているので手間がかかりません。

北九州市の空室率は高いと伺っていますが、
現在アパート経営で悩んでいる方にメッセージがあればお願いします。

昔に比べて世の中がだんだん贅沢になってきていると思います。

時代の流れとともに変わるユーザーニーズに出来るだけ対応できるように努めることが重要かと。

 

その大事な部分を把握するためにプロの方と二人三脚で歩んでいくことが大事だと思います。

CONTACT

お問い合わせ

  • 3 months ago

    #リアン片野新町
    空室だった住居部分も好意にさせて頂いているオーナー様からのアドバイスもあり、スケルトンまで解体して、フルリノベーション工事が始まりました!
    図面も曖昧で、解体しないと分からなかった室内、コンクリートの躯体が出ることを予想して打ちっぱなしの内装をイメージしてましたが、何と!
    天井に断熱材が入ってました!
    工務店さんからは、当時しっかり造られた証拠ですと言われながら、天井造作追加決定です、、、
    この想定外も#リノベーション の醍醐味ですね。

    #株式会社ホームデザイン
    #リノベーション中
    #北九州不動産会社
    #Lianskatanoshinmachi
    #賃貸リノベーション
    #賃貸
    #売買
    #テナント仲介
    #テナント北九州
    #小倉
    #ヴィンテージスタイル
    #ホームデザイン仲介実績
    #homedesignkitatakyushu
    #リフォーム
    #一棟リノベ
    #ビル再生
    ... See MoreSee Less

    View on Facebook