独立や起業、新店舗の出店に合わせて必要となるのが「事務所」です。

 

しかし、事務所は借りられれば何でもいい、というわけではありません。

 

事務所としての機能を最大限に高めるためにも、理想的な事務所の選び方を押さえておくことが大切です。

 

そこで今回は、独立や起業などに伴い事務所を探している事業者さまへ向けて、事務所選びのポイントをご紹介します。

事務所選びは立地に注目!良い立地を見つける4つのポイント

店舗と同様、事務所を選ぶ上でも立地は重要な要素です。

 

以下の4つのポイントにあてはめて、事務所に適した立地を見つけましょう。

 

・エリアの特性が業務に活かせる立地

 

同業者が集中している地域であれば、仕入れルートなどがすでに最適化されており、業務の効率化や販路拡大が望めます。

 

例えば、北九州市は世界遺産でもある「八幡製鐵所」の所在するエリアであり、古くからものづくりの街として発展した歴史があります。

 

現在もさまざまな産業の工場があるため、北九州市内で事務所を持てば、製品企画から生産・納品までを完結できるでしょう。

例えば、士業の方は法務局や行政機関が近くにあると便利だと思います。

また、利用予定の金融機関の場所などもチェックする事も大切です。

 

・ネームバリューがある立地

 

事務所の住所に一等地の地名が入れば、そうしたエリアに居を構えられるだけの地盤があると受け取られることが多くなるため、自然と会社の信頼度が高まります。

 

特に小倉北区は、北九州市都心部のオフィス街が形成されているため、良い反応が期待できるでしょう。

 

・交通アクセスが良好な立地

 

従業員の通勤・外出のしやすさや、取引先の所在地などを考慮して、交通アクセスの良い立地を選ぶというのも一つの手でしょう。

 

ターミナル駅がある、複数の路線を活用できるなど、公共交通機関が充実しているエリアは人が集まりやすく、利便性の高さから求人を出したときも応募数が高まる傾向にあります。

 

この他、社用車を設ける、自家用車での通勤を許可するなどの場合は、高速道路の乗り口や主要道路が近い場所が、出張が多い業態なら空港へアクセスしやすい場所が良いでしょう。

 

・コストパフォーマンスが良い立地

 

駅から遠くなればなるほど、賃料や駐車場は安くなる傾向にあります。

 

外出の機会が少ない、来客が少ないなどといった業種の場合、郊外に事務所を構えても業務に大きな支障は出づらいでしょうから、あえてコスト重視の賃貸事務所を選ぶのも賢い選択です。

 

失敗しない事務所の選び方!譲れない条件を明確にして予算内におさめる

事務所を構えたいエリアが決まったら、立地以外に必要な条件を洗い出しましょう。

 

面積や間取り、建物の耐震性能、電話回線などの設備や使用ルールなど、事務所に求める条件を明らかにすれば、物件探しの指針になります。

 

このとき気をつけたいのは、その条件が予算内で実現可能かどうか。

 

もしも条件と予算のバランスが取れない場合は、不動産会社へ相談してみてください。

 

内見を行い、借りる事務所を決め、入居審査に通れば、後はいよいよ賃貸借契約を残すのみ。

 

当初と条件が違う、不利な条項があるなどの場合、契約日までに交渉しなくてはならないので、契約日より余裕を持って、貸主さんとすり合わせをして、取り決めた内容記載の契約書を事前に取り寄せて内容を確認してください。

 

賃貸借契約は簡単に覆せないので、事務所選びの際は慎重に事を進めましょう。

賃貸借契約書内容だけではなく、共用部の利用方法やごみ捨てのルールなど入居後の運用に関しても、事前に確認をおススメします。

 

まとめ

事務所を探す際には、まず立地に注目することが大切です。

 

販路拡大のために同業者が集まるエリアを選ぶのか、信頼度を上げるために一等地を選ぶのか、駐車場の台数を考えて中心部かた離れた立地を選ぶかなど、何を重視するかで選び方のポイントも変わってくるでしょう。

 

賃貸借契約を終えてしまうと、契約内容を覆すことは難しくなるため、上記でご紹介したポイントを参考にしながら、最高の事務所を探してみてくださいね。

 

株式会社ホームデザインでは、北九州市内にて貸店舗をお探しの事業者さまへ向けて、さまざまな事業用物件をご紹介しています。

 

事務所をお探しの事業者さまは、ぜひ当社までお気軽にお問い合わせください